営業活動について
社名・屋号
企業保険サポート
連絡先
03-6214-2384
所在地
東京都中央区日本橋
本石町2-1-1
アスパ日本橋
詳細はこちらへ
この保険はお客様が行ったIT業務により他人の業務遂行を休止、阻害させ損害賠償請求された場合に補償する保険です。
予期せぬ負担が企業経営を悪化させます。
突然、社内システムがダウン!サイバー攻撃が原因と判明。そこで情報漏えいが発覚。クライアントから預かっている大量の個人情報データが流失した模様。高額な賠償請求が!・・・対策費用の確保は大変重要です。
高額な損害賠償請求に対し情報漏えいに関する賠償問題を得意とする弁護士に依頼することで、確実にそして迅速に対処することが可能になります。弁護士費用を補償。
情報漏えい際の賠償についてクライアントから問い合わせがあっても十分な補償を提供できる企業であるとアピールできます。
データ入力のため預かっている個人情報や企業情報が漏えいし、クライアントから損害賠償請求された際に補償します。
当保険は「情報漏洩賠償保険」の補償をすべてカバーしています。
サイバー攻撃やウイルスの混入等により、社内データ専用サーバーに保有する加工前の情報データが消失・改ざんされた際に、再作成費用を補償します。
サイバー攻撃やウイルスの混入により、社内データサーバー大量の他企業情報が消失・改ざんされた際、再作成費用を補償します。
ウィルスによりシステムが突然ダウン。原因調査にかかる費用や、サーバー改修など復旧するために必要な費用を補償。
ご加入例
年間売上高 5億円
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
IT業務賠償責任保険
支払限度額 賠償責任 3億円
(免責金額10万円)
対応費用 1000万円
(免責金額0円)
システム復旧費用 100万円
(免責金額0円)
年間売上高 10億円
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
IT業務賠償責任保険
支払限度額 賠償責任 3億円
(免責金額10万円)
対応費用 1000万円
(免責金額0円)
システム復旧費用 100万円
(免責金額0円)
はがきキャンペーンのデータ入力を受託した会社の派遣社員が、入力データの一部を印刷、持ち出し名簿業者に販売。漏れた個人情報の対応費用を受託先企業が求償してきた。賠償請求額を補償
クライアントのデーターバックアップを中心としたハウジングサービス業を営む企業で不正アクセスが発生。特殊技術に関する企業秘匿情報の漏えいが判明。また、不正アクセスの痕跡を消すためかサーバのシステムが損傷し、その他企業情報も一部消失した。通常有事の際に作動する予備システムもダウンし、復旧まで数日を要した。
損害を被ったクライアントから賠償請求された。賠償請求償額およびシステム復旧費用を補償。
サイバー攻撃により、A社が管理するビッグデータが社外に流失。データには個人が特定できる個人情報が一部含まれ5万件分が社外に流失したことが判明。謝罪広告を掲載し、外部コンサルタントのアドバイスを受け入れ被害者5万人に謝罪文と見舞金として500円の図書券を配った。後日、一部の被害者から損害賠償請求がなされ和解金として5000万円を支払った。また、A社ではネットワークセキュリティの強化など、再発防止策などに200万円を支出した。
IT業務賠償責任保険
賠償責任支払限度額 3億円 (免責金額0円)
情報漏えい対応費用 3000万円
情報システム復旧費用 300万円
企業コンプライアンス
関連情報・サービス
KATE-CH3161109