企業保険サポート
営業活動について
取扱代理店
企業保険サポート
連絡先
03-6214-2384
所在地
東京都中央区日本橋
本石町2-1-1
アスパ日本橋
詳細はこちらへ
貴社が行った業務に起因する情報漏えい事故で損害賠償請求がなされたり、漏えい事故に対処するためのさまざまな費用等、貴社が被る損害を補償する保険です。
予期せぬ負担が企業経営を悪化させます。
突然、情報漏えいの連絡が委託先から・・・
対応策・対策費用の確保は大変重要です。
当保険にお任せください。
漏洩が発生した際、漏えい問題を得意とする弁護士に相談する費用や、外部専門機関に依頼したコンサルティング費用を補償します。
漏えい問題に精通した専門家に相談することにより、確実に、そして迅速に対処することが可能になります。
情報を共有する取引先に対し情報管理・漏洩対策として、万一の場合に十分な補償を提供できる企業であるとアピールできます。
個人情報に該当しない企業情報(信用情報・技術情報)やクレジットカード情報、マイナンバーなども対象になります。
データ等電子情報だけでなく、紙資料等の
非電子情報も情報漏えいの対象となります。
従業員の過失のみならず故意よる情報漏えいも対象となります。
漏洩は明らかでないものの不正アクセス等により漏洩のおそれがある場合や、鞄・PCの盗難・紛失が発生している場合も対象となります。
取引先と共有している情報を漏えいさせ、取引先が被った賠償金を求償された場合も補償対象となります。
年間売上高 5億円
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
サイバーセキュリティ保険
支払限度額 賠償損害 5億円
(免責金額0円)
費用損害 1000万円
(免責金額0円)
年間売上高 20億円
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
サイバーセキュリティ保険
支払限度額 賠償損害 5億円
(免責金額0円)
費用損害 1000万円
(免責金額0円)
リスク管理状況により保険料は異ります。上記はリスク管理状況を【可】として40%の割引が適用されています。詳細はお問合わせください。
サイト運営受託会社が不正アクセスを受け、会員情報が閲覧可能な状況になった。会員から損害賠償を受けたサイト運営会社が被った損失を、サイト運営受託会社に求償してきた。求償額を補償
販売会社の営業社員が車内に置いていたカバンを盗まれ、中の手帳に記載された顧客情報を悪用された。経済的損失を被った顧客から損害賠償請求された。賠償額を補償
通信教育サービス会社の顧客情報が、データベースの保守管理を業務委託するグループ企業から最大2895万件漏えいした。データを購入したIT企業が利用して発覚。対応のため200億円の費用を要した。現在係争中。対応のための費用
B社顧客データの入力業務を受託していたA社の社員が、入力用データを許可無くコピーし、名簿業者へ販売したことから顧客情報5万件分の流出が発覚。B社は謝罪広告を掲載、被害者全員に見舞金500円を支払った。更に一部の被害者300人がB社に対し損害賠償請求訴訟を提起、1名あたり1万円を損害賠償金として支払った。その後、B社は一連の損害についてA社に6600万円の求償(損害賠償請求)を行った。
サイバーセキュリティ保険 (情報漏えい限定補償特約) 
賠償損害限度額 5億円 (免責金額0円)  
費用損害限度額 1000万円 (免責金額0円) 年間保険料 160,000円
 
企業コンプライアンス
関連情報・サービス
KALE-001161109